カードローン審査の在籍確認ってなに?

カードローン審査を受ける際、必ず行われるのが在籍確認です。とは言っても、初めてカードローンを利用する人の場合、在籍確認と言われてもピンと来ないと言う人も多いのではないでしょうか。

在籍確認とは、勤務していると明記されている勤務先に本当に本人が勤務しているかと言う事を確認する事を指します。では、どのように行われるのかと言うと、基本的には電話で行われる流れとなります。電話と聞くと勤務先に電話されては困ると言う人も多いかと思いますが、一般的にカードローン審査の在籍確認だと言うとは知られず、行われるため安心です。

主に「もしもし、〇〇と申しますが、△△さんはいらっしゃいますか?」と言う流れで始まる在籍確認。○○の中には、金融機関の名前ではなく、個人名が入る為、心配する必要はありません。本人が電話に出る事が出来た場合、在籍確認の電話だと告げられる事があります。また、不在の場合でも、電話に出た人が「席を外しています。」などと答える事で、在籍確認する事が出来たと言う事になり、それで在籍確認は終了します。

基本的に在籍確認の電話でカードローン審査であると言う事がバレるとこは少ないかと思われますが、どうしても心配な場合は、出来るだけ自分で電話を取るなどと言った工夫が必要です。

関連記事

このページの先頭へ